メヘンディ東京・インドアラブ専門店ジジ!ボディアート部門
ジジ!神楽坂サロン最新情報ジャグア・タトゥとは?ジャグア講座(法律と使い方) 材料通販(インクボックス)安全性について
 施術アーティスト紹介Mehndi-CafeギャラリーTVメディア取材出版物講師依頼 アクセス関連リンク(社団法人等)お問合せ

<最新情報>『ジャグア東京』公式サイトOpen!>

社団法人日本ボディアート協会は、ボディアート・スクールの運営の一環として、『ジャグア・タトゥー』の正しい普及と、材料の一般販売を開始致します。(一般小売の他、会員の皆様向けには、会員価格、一般卸売り希望の方には仕入れ価格を設定いたします。)

【 ジャグア と ヘナ 】

ジャグアはジャグアの木の実を染料とし、
ヘナはヘナの葉を染料とします。

いずれも皮膚を一時的に染め、
2週間前後で消えるフェイク・タトゥです。

発色や持続力には、個人差があります。

ジャグアは、青灰色→青黒色に、
ヘナは、オレンジ→赤煉瓦→チョコ茶に染まります。



これまで、ジャグアタトゥーについては、『メヘンディカフェ・ジジ!』においての施術と、やり方のスクールについては、オプション講座として、メヘンディ(=ヘナ・タトゥー)のマンツーマン講座の受講生のみ対象とした講座を開催しておりました。
しかし、ジャグア講座については、「単独でも受講したい」「安心して使えるジャグアのインクを買いたい」というご希望が多く寄せられました。

リクエストにお答えするため、2017年10月より、公式サイト『ジャグア東京』の開設と共に、インクの販売、および、ジャグアの単品講座(ビジネス講座)を開催いたします。(インクの購入安全性については、こちらから。)
これは、メヘンディのビジネス講座同様、法律面(薬事法・著作権法・国際条約など)とビジネス面(商標関係、メニューと値段の作り方)が増強された講座です。つまり、メヘンディのビジネス講座と、この部分が重複するため、両方のビジネス講座を受ける必要はありません。
いずれかのビジネス講座を受けた場合には、もう一種類は、軽めのオプション講座で十分です。

↓★社団法人・日本ボディアート協会主宰のPMサイト「メヘンディ東京」と「メヘンディカフェ・ジジ!」のバナーです、ご自由にお使い下さい。 日本ボディアート協会・メヘンディ東京 メヘンディ・カフェ「ジジ!」